African Dance アフリカンダンス

15080502 (3) - コピー

主に西アフリカで踊られているリズムとダンスを学びます。

アフリカンダンスは、私たちに馴染みのあるジャズダンスやヒップホップ、また中南米で発展した、ルンバやチャチャ、サルサ、サンバやカポエラなどの他のダンスのルーツだと言われています 。

アフリカでは、娯楽のため以外に、お祝いや結婚式、成人式、などなど人生の節目の儀式や祈りのために、また病気の人の癒しのために、

そして文字を持たず学校もない村では、大切な知恵を伝えるために、リズムや踊りがあります。

「踊る」という行為そのもののルーツであるアフリカンダンスは、実は「人々がより良く生きるための智慧」そのものなのです。

音楽を感じること、音と一つになる感覚は、初心者の方からプロの方まで、レベルや年齢に関係なく、ダンスに必要な体験です。

人に見せるために、評価されるためにではなく、「自分自身のために踊る」のがアフリカンダンスです。

ちなみに、日本でも一般的に「ジャンベ」と言う名で知られているアフリカの太鼓がありますが、この太鼓の本当の名前は、ジェベバラ「ジェベ=調和、バラ=太鼓」調和の太鼓と言います。